CSR / 環境社会

24/03/2021
【動画】“AC-IN LED” VS “DC-IN LED” 100°Cの高温環境での比較
高温環境でのDC-IN LEDライトの一般的な問題は、駆動(ドライバー)出力の低下、最悪の場合シャットダウン、等の障害です。
 
100℃の高温実地テストでは、他のブランドであるDC-IN LEDライトは動作開始後1時間で故障しました。しかし、AC-INLEDライトはその間まだ点灯しています。 これは、AC-IN LEDライトだけが過酷な環境のアプリケーションに理想的な選択肢であることを再度証明してます。
 
駆動部(ドライバー)が無い技術の力をあなたはビデオで見て確認する事が出来ます